【軽減税率】楽天カードでお得にポイント還元を受ける方法は?店舗での使い方や加盟店も紹介!

こんにちは。

2019年10月、いよいよ消費税増税がはじまりました。

どんどん消費税が上がって、生活もツライよ…と気分も落ち込みがちかもしれませんね。

しかし、今回の増税は今までと違うんです。

「軽減税率」採用で、商品カテゴリーによって税率が変わったり…

キャッシュレスでポイント還元されたり…

色々複雑そうなんです!

そこで今回は、

  • 楽天カードでお得にポイント還元を受ける方法
  • お店での使い方と、加盟店を紹介
  • 軽減税率って何が対象?

について調べてみました。

スポンサーリンク

楽天カードでお得にポイント還元を受ける方法

消費税増税と同時に始まる、キャッシュレス・消費者還元事業

これは、加盟店でキャッシュレス決済をすると2~5%がポイントで返ってくる制度です。

クレジットカードなどのカード決済、電子マネー、QRコード決済がほぼ全て対応しています。

これは増税したものだけではなく、もちろん軽減税率対象品にも対応しているので、

食品なら軽減税率8%から2%引かれて6%の税率で買い物ができるということですね!

しかし、こちらの制度は2020年6月末までの実施ですので期間内は使わない手はありません!

ただし、還元上限以上の使用の場合はポイントの還元はなく、繰越もありませんのでご注意ください。

楽天カードでクレジット払いで得する!

楽天カードを始めとした大手カード会社では、カード1枚で月に15,000円分のポイント還元を発表しています。

ポイントの還元率は各企業によって違います。例えば全て5%還元の店で使った場合は購入金額にして30万円がポイント還元される上限で、全て2%還元の店で使った場合は70万円が上限です。

楽天カードを使用した場合、楽天スーパーポイントが利用月の翌々月22日にカード会員のポイント口座に通常ポイントとして還元されます。

還元上限 15,000円分/月(カード1枚)
還元方法 ポイント口座に楽天スーパーポイント
還元時期 利用月の翌々月22日

楽天カードのEdy払いで得する!

楽天Edyのポイント還元上限は、1回につき2500円分です。

基本的にはチャージ限度額がポイント還元上限で金額にすると5万円、月の上限は設定されていません。

楽天Edyの決済分は、楽天Edyで還元されます。

支払い日から約30日後に還元され、その後90日以内に受け取りを完了させてください。

受け取りは以下の方法で可能です。

ファミリーマートの「Famiポート」 https://www.family.co.jp/services/smartphone/coupon/rakuten_edy.html
セブン銀行のATM https://edy.rakuten.co.jp/recommend/sevenbank_charge/?l-id=lid_howto_charge_recoomend_banner_sevenbank_charge
ANA国際線自動チェックイン機 空港にある青い自動チェックイン機で受け取りが可能
楽天Edyアプリ(おサイフケータイ) アンドロイドなら楽天Edyアプリのダウンロードで受け取りが可能(カードの登録が必要)

https://edy.rakuten.co.jp/howto/android/nfc/

Edy Viewer 自宅のパソコンで受け取りが可能(利用するための専用機器が必要)

楽天ペイで得する!

楽天ペイのポイント還元上限は、1回につき25,000円分です。

5%還元のお店なら購入金額にして50万円で、これは楽天ペイでの1回の利用限度額です。

月あたりの上限はありません。

楽天スーパーポイントでの還元で、利用月の翌々月末頃の付与となります。

還元上限 25,000円分(1回)
還元方法 ポイント口座に楽天スーパーポイント
還元時期 利用月の翌々月末

楽天銀行デビットカードで得する!

楽天銀行デビットカード決済の還元は、口座に現金入金となります。

月の還元上限は15,000円で、全て5%還元の店で使った場合は購入金額にして30万円で、全て2%還元の店で使った場合は70万円が上限です。

還元時期は利用月の翌月25日です。

還元上限 15,000円/月
還元方法 口座に現金入金
還元時期 利用月の翌月25日

楽天プリペイドカードで得する!

楽天銀行プリペイドカード決済の還元は、プリペイドバリューでの還元となります。

月の還元上限は15,000円で、利用月の翌月25日にポイント還元です。

還元上限 15,000円/月
還元方法 プリペイドバリュー
還元時期 利用月の翌月25日

スポンサーリンク

店舗での使い方や加盟店も紹介

この制度はどこでもポイント還元を受けられるわけではなく、「キャッシュレス・消費者還元事業」に加盟店登録をしている店舗でのみ還元が受けられます。

各企業の還元率は、中小企業や個人事業主の店舗では5%・コンビニなどのチェーン店では2%となります。

加盟店登録をしている店舗はこちらhttps://cashless.go.jp/consumer/index.html

加盟店で使用すれば、特別な手続きなどは必要ありません。

使用したい店舗の還元率は、加盟店ロゴマークのポスターに記載されることになっていますので、店頭で確認してみてください。

また、電子マネーやアプリ決済も使用できる店舗が多いですから、お近くの店舗を確認しておくといいですね!

楽天Edyが使えるお店を探すhttps://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

楽天ペイが使えるお店を探すhttps://pay.rakuten.co.jp/shop/?l-id=top_shop

楽天Edyにチャージする

楽天Edyはプリペイド方式なので、使用するにはまずチャージから始めましょう。

チャージ方法は楽天Edyをどの方法で使うかによって違います。

楽天Edyを使うには、4つの方法があります。

  1. 楽天Edy機能付きクレジットカードを使う
  2. Edy楽天ポイントカードを購入する
  3. おサイフケータイにアプリをダウンロードする
  4. iphoneにアプリをダウンロードする

ただし、iphoneでの使用の場合はおサイフケータイの機能を使うための専用端末が必要になります。

基本的には現金・クレジットカード・楽天スーパーポイントからのチャージが選べます。

ですが、Edy機能付きクレジットカードならチャージ方法も多く楽天スーパーポイントからのチャージ(1ポイント1円換算)でさらにポイントがもらえるので、おすすめですよ!

現在、Edy機能がついてない楽天カードをお持ちでも、楽天カードのサイトから簡単に切り替えの手続きができますので見てみてくださいね。

楽天カード簡単切り替えはこちら→https://edy.rakuten.co.jp/campaign/other/rakuten/edy_rcd/?scid=wi_edy_page_fb

店舗での楽天Edyの使い方を解説!

まず、Edyの使い方は2つです。

  1. Edy搭載のクレジットカードで使う
  2. スマートフォンのアプリを使う

どちらの場合も支払いの時にEdyでの支払いであることを伝えて、クレジットカードかスマートフォンを専用端末にタッチするだけ。

暗証番号や、サインもいりません。

おサイフケータイ、Edyカードだとポイントを貯める設定がまず必要ですが、Edy機能付きクレジットカードなら設定はすでにされていますので便利ですね!

店舗での楽天ペイの使い方を解説!

楽天ペイは簡単に言うと、「スマホでクレジット決済ができる」システムで、まず「楽天ペイアプリ」をダウンロードする必要があります。

楽天ペイの支払い方法は3つです。

  1. コード
  2. QR払い(読み取り)
  3. セルフ

1回の利用上限は最大50万円ですが、楽天IDの会員ランクや使用する店舗によって異なります。また、金額は登録カードの利用可能枠の範囲内です。

【コードで支払う】

  1. 楽天ペイアプリを起動
  2. R Payコード・QR支払い」を選択
  3. 表示されているバーコードかQRコードをお店で読み取ってもらう
  4. 完了画面がでたら、支払い完了!

【QR払い】

  1. 楽天ペイアプリを起動
  2. QR読み取り」を選択
  3. コード読み取り画面になったらお店で提示されるQRコードを読み取る
  4. 金額を入力(金額が指定されている場合は不要)
  5. 確認画面でスライド
  6. 完了画面がでたら、支払い完了!

【セルフ】

  1. 楽天ペイアプリを起動
  2. セルフ」を選択
  3. 支払うお店を選択
  4. 金額を入力
  5. 確認画面でスライド
  6. 完了画面がでたら、支払い完了!

コードを読み取ってもらうのか、こちらがQRコードを読み取るのかはお店によって違います。

支払いの際に確認しましょう。

どちらにしてもスマホ1つで支払いが完了するので小銭が貯まることもなく、スムーズにお会計が済ませられますね!

スポンサーリンク

軽減税率って何が対象?

10月から10%に上がる消費税ですが、一部の商品は10%にならず8%のまま継続します。

これを軽減税率制度といい、酒類・外食を除く飲食料品と、週2回以上発行される新聞が対象です。

しかし、もっと調べてみるとかなり細かく分かれていました!

【軽減税率対象商品】

  • 料理酒
  • みりん風調味料(本みりんは「お酒」の扱いなので対象外)
  • ノンアルコール飲料(確かに「お酒」ではないですが…)
  • 甘酒
  • 重曹
  • 特定保健用食品・機能性表示食品・サプリメント(医薬品・医薬部外品は対象外)
  • 美容食品
  • オブラート

そして分かりにくく曖昧なのが、食玩(おまけ付き食品)。

国税庁が発表している内容は以下の通りです。

おもちゃ付きのお菓子など、食品と食品以外の資産があらかじめ一体となっている資産で、その一体とな っている資産に係る価格のみが提示されているもの 税抜価額が 1 万円以下であって、食品の価額の占める割合が 2/3 以上の場合に限り、全体が軽減税率の 対象(それ以外の場合は、標準税率の対象)

引用元:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/01.pdf#search=%27%E8%BB%BD%E6%B8%9B%E7%A8%8E%E7%8E%87%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%95%86%E5%93%81%27

おまけが食品より高額だった場合は、軽減税率制度の対象外となります。

しかし、マクドナルドのハッピーセットはおもちゃが非売品で金額がついてないので対象です。

これは最早、私達消費者が理解するというかお店の値段を設定する方々の方が混乱していそうですよね…。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

  • 楽天カードでお得にポイント還元を受ける方法
  • お店での使い方と、加盟店を紹介
  • 軽減税率って何が対象?

について紹介しました。

Edyとかペイとか、正直よくわからないし使い方も知らないよ…という方もいらっしゃるかと思いますが、調べてみたらいろいろお得なことが分かりました!

ただ、やはりちょっと複雑ですよね。

一番簡単なのはチャージやアプリが必要ないクレジットカードで、楽天スーパーポイントもついでに得したいなら楽天Edyといったところでしょうか?

しかし、2020年6月までの限定施策とはいえ、9か月お得できるのはかなり大きいですよね!

それぞれ上限がありますので大物の購入時だけ注意が必要ですが、普段の買い物で使わないと損ですよ!

還元ポイントと楽天スーパーポイントも両方ゲットしてお得に買い物しましょう!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする